水素焙煎コーヒーの利点 | 骨盤矯正メディケアカイロ・ロクシー金沢

水素焙煎コーヒーの利点

金沢大学名誉教授の廣瀬幸雄士が率いる、水素焙煎コーヒーのラボでは健康へのコンセプトにあった

嗜好品を日々研究しています。 その中の一つ水素焙煎シリカコーヒーは稀に見るコーヒーの中で特許を取得した

非酸化型のコーヒーです。 風味、香りが酸化しにくいと言った珈琲屋さんや愛好家にも嬉しいものづくりが出来上がりました。 もちろんその栄養価は本物です。

美味しさが長持ちする非酸化型コーヒーは健康的かつシリカと水素の混入により酸化ストレスを軽減させることができる可能性あることが先の大阪大学医学部チームより証明されました。

廣瀬幸雄博士ラボトリーが製造する水素焙煎シリカはこの原理で水素原子を抽出してシリカコーヒとして還元させて製造しております

大阪大学医学部チームの発表はこちらより↓

https://www.jst.go.jp/coi/sympo/poster/v2-3-2.pdf

その2点を、生み出しました。

人生80年できるだけ痛みのない生活をしたいはずです

そこそこ健康であればそれは叶いますが現在の乳糖文化を感じている

方にはどのように受け止めましたか。

まずシリカ、ケイ素、カルシウムミネラルこれを食品から

取ると言う意識から感じることにまず体質改善があります

うちの妻は ケイ素 を愛用していたのでこの良さが身に染みたそうです

ケイ素 にもいろいろありますが粗いはダメなのです

玄米や全粒粉が口に残るように、(不思議食品は分解されます)が

粗い大きいケイ素粒子は 胃 の粘膜や唇を傷つけます

サプリで胃に刺さったような感覚が起こったような方はいませんか?

それは、この珈琲では全くありませんでした。

不思議ですが、経口食の食品はそのような事は少なくないはずで胃のなかでゴツゴツしているのはその成分です

腹持ちいいですね。しかし違和感を感じている方もおられます。

シリカは穀物に比較的多く含有されていています。

特に男性は、腸が弱く抵抗感がある方もいます

カラス麦はなんと100g中に600mg!
カラス麦はオーツ麦とも言われている穀物で、グラノーラやオートミールなどで主に使用されているので、朝食をシリアル食品などにするなど、上手に取り入れると良いですし上限はありません

シリカ含有量は穀物に比べると低いですが、野菜類、海藻類にも含まれています。

じゃがも… 200mg
青海苔…62mg
赤カブ… 21mg
アスパラガス… 18mg
ひじき…10mg

ご覧のお通りですが、食から摂取は可能ですが

とりすぎは、太ります。その問題がありますが、健康に良いので 厚生省も1日シリカ摂取/30mg推奨しております

シリカ水も注目されているのはそのような傾向からです

シリカ水ではせいぜいコップ1杯から30mgほどが限度です。廣瀬幸雄教授はなんと珈琲1杯にシリカを150mg~200mg注入したものを作りました。金沢市の穀物籾殻の有機シリカです。

私も最初の1ヶ月は、その後との体の効果の出会いに感激しました

うちの妻は運動なしでダイエット成功しています

痛みをコントロールするダイエットコーヒー1杯で始まる成功への結晶です

軟骨やコラーゲンの生成に必要とされる非結晶植物性シリカを、入れるなんて

廣瀬幸雄博士も乙なことをしてくれました。

特殊技術により生豆に含有させ焙煎した豆を使用水に浸しておくだけで、

身体に良いアイスコーヒーが出来上がります。味はマイルドで女性も飲みやすいティスとです。

【作り方】コーヒーバッグ50gを水700cc~900cc程に浸して常温で一晩から半日おいてください

お好みの風味になりましたら、コーヒーバッグを取り出して冷蔵庫で保管してください。

この工程をお好みで数回繰り返しています。もちろん、教授と提携して当サロンでは

試験的にお客様の経過とクチコミをいただいておりますので、是非ご覧ください。

お客様クチコミ ↓ ↓ ↓

https://loxuei.jp/voice/

      メディケアーカイロ・ロクシー代表        塗師尾  修

http://loxuei.com/nusiya

ここよりシリカ水素焙煎購入できます↑ ↑↑http://loxuei.com/nusiya

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 痛いと言わせない最強の痛み改善とは

  2. 頭痛改善コメント4ヶ月目で消えました

  3. 産後骨盤アロマケアー

  4. 腰痛症状シリカ水素で改善例

  5. 腰痛症状に長年苦しんでいましたが

  6. 骨盤ダイエット体脂肪率−4%体重ー7.1kg1年間

アーカイブ

PAGE TOP