除雪時の腰痛予防のコツ | 骨盤矯正メディケアカイロ・ロクシー金沢

除雪時の腰痛予防のコツ

ここ最近、腰痛のお客様が続出していますが、続かないようにアドバイスさせていただきます。
   注意する体型  要点を質問形式Q&Aでご指摘させていただきました。
 #1 痩せ型と太めの方はどちらが危ないか?
 #2 筋肉が固い人と柔らかい人はどちらが危ない?
 #3 力で投げるかたと全身を使う人どちらが危ない?

1・痩せ型より太めの方は要注意!最近お腹が出た方は内臓脂肪が骨盤の上に落ちてきてます。腰椎も圧迫されている中に腰部筋群、お尻筋群が動きにくくなり、一瞬の硬直状態に腰椎神経と筋肉がぶつかり肉離れを起こした状態を作りやすいです。筋肉群が神経根を刺激した結果、腰痛が発症します。腰痛はびっくりした筋肉が、硬直また拘縮したままの状態になります。筋肉が固まって神経が元の位置に戻せなくなるのです。

2・筋肉が固い人というより関節が固いと、筋肉も拘縮しやすいです。冷え性の人も注意ですね。代謝のいい人でも汗で体を冷やすと危険です。水分をしっかりとってミネラル管理は常日頃から行い、除雪時は注意しましょう。ミネラルはしっかり、重要です。カルシウム、マグネシウムは神経の伝達分子ですから、筋肉が疲れている時は、動き自体を脳が嫌がります。体が避けてくれますので怪我には至りません。脳が起こす大事な信号を受け取りコチコチ筋肉が神経根を悪さする事を未然に、防ぎます。体が嫌がる時は無理はせず休みましょう〜。

3・全身運動は疲れるからと、手投げなどの行為は肩や背筋を痛めやすく、肩こり中毒になります。首まで凝りますと熟睡できす、2日目に疲れがくるのは、雪すかしの疲れはここが原因ではないでしょうか?体感トレーニングが重要なのはここで発揮されます。体の中心に深かくに力が加われば、呼吸法より無理な力が入らず筋肉はリラックスした状態で動きます。腹筋を意識する事でバランスの良い体の動きになり予防できます。そのためにはストレッチを忘れずにお願いします。

肩こり防止運動はここから

要点 まず、太ってきたら注意!痩せることが基本ですが、すぐに出来ない方のために
   骨盤矯正があります。内臓は正しく元に収まり、あっれて感じで痛み消却済み。
   ミネラルが不足する方は、慢性化しています。相談が必要ですね。
   1日1本アリナミンVでは日本人は全く不足してますし尿に排泄されて経済的コストに無駄があります。腹式呼吸法曰く体幹法は健康法など自然療法の基本ですね。
   ぜひ取り入れてみて、除雪運動をできるだけ、楽に行い負担を無くしてくださいませ。

   当院は施術以外にダイエットに通じる体幹法やストレッチの効果的法。
   即効性のあるミネラルで
   安心して雪すかしできます。さよなら腰痛!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 痛いと言わせない最強の痛み改善とは

  2. 頭痛改善コメント4ヶ月目で消えました

  3. 産後骨盤アロマケアー

  4. 腰痛症状シリカ水素で改善例

  5. 腰痛症状に長年苦しんでいましたが

  6. 骨盤ダイエット体脂肪率−4%体重ー7.1kg1年間

アーカイブ

PAGE TOP