ダイエットのモチベーション

ダイエットを 始めるにあたり心得

1ダイエットと言いましてもいろんな種類がございます

1、通常のフィジカルダイエット  運動で痩せやすい体を作る

2、産後のケアーダイエット     通常の体へ戻るためのケアーダイエット

3、体質改善を余儀なくされるダイエット  病気からの予防ダイエット

4、マリアージュダイエット     ここまで限定で痩せなければいけない。

ただ本日はダイエットを始めるにあたり心得とは

どれを見ても、覚悟が入ります。 明確な覚悟です

その覚悟が、実は目標となります。追い込まれた覚悟は強いです。

ですが、リバウンドもすごいです。

結婚するときは痩せていたのに、今はすっかり別人に

結婚詐欺〜なんてことは大丈夫でしょうか。

目標の薄いダイエットは失敗します。4のように明確な目標があるとゴールは近いですが、続けるには

成功体験が入ります。短期間であるほど体質に変化があると気づきにくいです。

誰が気づけないのか? 肥満や高脂血症、糖質過剰症候群は依存性があると脳が変化についてゆけません。

一旦、自分の食指趣向が変わります。なので体質改善につながります。が・・・

それを趣向に未練があると、元に戻りがちです。

実はリバウンドは栄養不足による脳の反射的欲求です。運動不足だと陥りやすい傾向です。

必ず、少しでも運動を入れることです。

現状では、食べる味覚が変化する。何故? 脳が変化すると味は変わります

そのような状況下にあるがゆえ、一人でやることは危険なのです。

水分量、塩味、糖代謝、味の趣向など全て変化してきます。

ダイエットで成功している方は光り輝いていますね。

成功している人の体験やフィットネスクラブに行くとアドレナリンが出てる頃はものすごく頑張るんですが、いざ一人ぼっちになって体重の増減ができなくなると、もう覚えた事は1分後には忘れてしまう位のアドレナリンの止まり方に驚くのです。

ダイエットは一時的になりがちだと言うことです

もっとも、1人でやっている場合は必ず失敗する

成功した方の意見を参考に自分と置き換えなければ

ここから先は見えてこないのです、続いている方は成功体験を繰り返しているだけです

成功と体感感覚はどうやって自分でコントロールできると思いますか

繰り返すうちに、脳にご自分おパターンが染み付きます。

自然にリミッターが作動していきます。

リミッターいわゆるスピードパワー制限装置とでも言いましょうか。

食にリミッターは作動しますが運動のリミッターは外す。

今は運動もリミッターをつけた方が永く続きます。

リミッターを破壊するのはストレスです、ストレスを武器にダイエットしている方もいます。

産あkストレスを溜め込まない方法がありますがしれは後日、ご紹介させていただきます。

知らないドアの向こう側は、ただかない限り開けれません。

聞いた話だけでは、信じられない、またやっても判らないのです。

それもアドバイザーのことが嘘に聞こえてしまう。

同じ道をくねくねくねくねと回って最後に挫折してしまう

やってはいけないのは「1人で行うダイエット」 その次は「過激なダイエット運動」急にリミッターは外さない

「次の目標のないダイエット」『痩せる仕組みマニュアルを知る』これ重要です。

小さな成功をコツコツ積み上げることですコツコツですと32kgダイエット成功して持続中の(115kg→78kg)程度約の1年ほぼダイエット成功

写真左はメグライアンさん、フォローすると

テンションの高さとモチベーション維持に驚きますよ。いいこと教えてくれるかも。

とりあえず仲間を作りましょう。

骨もコツコツ作りながら骨盤と姿勢を正しく作っていく基本となっておりますどうぞ。メディケア-カイロ.ロクシーのファースティング・ダイエットカイロ募集中です

1〜4までここで共通して言えるのは代謝を上げるためには体の姿勢を正しくすることで呼吸量を増して良いダイエットの結果を生むと言うこと、特に産後ケアにおけるダイエットは骨盤ケアが重要です

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ダイエット後の美容に欠かせないアロマ

  2. 体が酸性化してる 時に食べる物は

  3. 姿勢矯正からの改善クチコミ一覧

  4. セルフケアーメンテナンスで通う

  5. アロマカイロeprakクチコミ投稿

  6. 産前産後クチコミGoogleより

アーカイブ

PAGE TOP