頸椎症腰椎症をセルフケアするのに欠かせない栄養素とは? 知らないと損 | 骨盤矯正メディケアカイロ・ロクシー金沢

頸椎症腰椎症をセルフケアするのに欠かせない栄養素とは? 知らないと損

当サロンカイロプラクティックにも多様な症状でお客様が来られます。 首痛や腰痛症に関しては痛みに関しては人それぞれの痛みがあります

施術の経過とともに治療経過としてみていますがその中でも千差万別に経過が変わっていきます。

今回どうしても見て欲しい方はカイロプラクティックをしてますが、数週間後には必ず痛みの症状が出てしまう方もしくは今までカイロに行ってサプリメントを勧められたがどうしても飲めなかった方、など根本的な改善に至ってない方へどうぞメッセージです。あなたが今どのような状態なのかわかります。

頸椎症や腰椎の歪みが強く起こるヘルニアもしくは脊椎不安定症と呼ばれる症候群の方

はこのような脊髄と 椎間板の関係で図写真より現状が推測されます。

整体院より参照

白色のゼラチン質の椎間板軟骨は柔らかく外側の線維輪にいくに従い、硬くなり髄核や成分が飛び出さないようになっています。髄核は青色に染色してありますが飛び出すと神経根や脊髄を刺激して痛みを生じます。上が20代前半の椎間板。下が中年期以降椎間板です。

最近の研究ではMRIが発達して研究されていますが、

神経根に関係なく痛みのある人ない人もありこれだけが推測されるとは限りません。圧迫部位によって変わります。しかしより腰痛より頚椎に問題のある方は多角的な部分でよりミエロパチーのように痛みを生じてしまう傾向にあります。

解剖学的には椎間板の中にある髄核が屈曲のし過ぎで後ろに飛び出し、後縦靭帯を押し上げて痛みを感じたり、神経にぶつかり神経症状(ミエロパシーやラディキュロパシー)を発症する場合があります。

ちなみに後縦靭帯には知覚終末が多く含まれているので、ここに刺激が加わると痛みが生じます。

ではそうならないためには、線維輪の骨粗が強くなり尖らないようにカルシウムを取るとか

髄核が成分を飛び出させないように、 柔らかさを保つためにコラーゲンを摂取するとかそういった栄養摂取の理念が必要になってきます。

時間が経過すればヘルニアは自然消滅されると言われていますがそれはあくまでも白血球の中にある自分の免疫がヘルニアを食べて消滅させてくれるわけでそれまでには時間がかかります長くて半年もその痛みを調整して待つことなど辛いわけですね。

より積極的にその免疫が上がり骨髄が良い状態であるためには積極的に栄養を科学的にとっていく思考が必要になってきます。

まずカルシウムはいろんな食べ物から摂取することにより幾分あげれますし今までのブログの中でも結構お勧めしています。

コラーゲンに関してはまだ時代的に新しいものでどのようなものかわからない方もいますが、女性では、肌にはコラーゲンの有効性と言うのはもう体感で感じているのは既に承知済みのはずです。 肌の深層部分のバリア再生力や髪の毛の毛髪力などコラーゲンの再生細胞っていうのは臨床的に証明されていますし有効性も立証されてます。 文献の中から骨にどれほど関節に良い影響与えているのか抜粋しましたのでどうぞ

天然素材コラーゲンの機能性 小山洋一*

http://www.jilr.or.jp/research/tennensozaicollagen.pdfより抜粋

ペンシルバニア州立大学のア スリートを対象として,1日10g のコラーゲンペプ チドまたはキサンタンガムを含む飲料を24週間摂取 し,関節痛に対する効果を二重盲検法で評価してい る。その結果,対照のキサンタンガムと比較して関 節痛が有意に低下することが明らかにされた

1日5gから10gの摂取で皮膚角質の水分量の増 加 8 ) や 脆 い 爪 の 改 善 21 ), 肌 状 態 の 改 善 2 2 ), 関 節 痛 緩 和 23 ) などの効果がみられるとの報告があり,これらの研究は, 通常の食事を摂取したうえに,さらにサプリメントとし てコラーゲンペプチドを摂取したものである。このこと から考えると,現代成人女性の食事においてたんぱく質 の総摂取量は十分であるものの,コラーゲン摂取量は低 い可能性が示された。

Vol.70 No.2 43https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi/70/2/70_2_120/_pdf/-char/ja 

経口摂取 で有効とされるコラーゲンの量は研究によって異なる

1日あたり以上をまとめると,今回調査対象とした成人女性が食事から摂取しているコラーゲンの量は1日あたり平均約 1 .9 g で , 主 と し て 肉 類 か ら 摂 取 し て い た 。 た ん ぱ く 質 の 摂取量は十分であるが,スジ肉や魚の皮などのコラーゲ ン含量の高い食材の摂取頻度は低い現状にあった。

動物性食材の摂取量の増加は脂質の過剰摂取に繋が りやすい。それに対し,魚の皮を摂取することで,全体 的な魚類の食材摂取量が低くとも容易にコラーゲン摂取 量を高めることができる。が明確でありますがそれが取りにくい現代社会の食育事情です。

20代〜50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴より抜粋

つまり日本人は1日摂取量5g〜10g必要なコラーゲン摂取量を1、9gしか取れていないわけであります。

そのツケはどこかで回ってきますが、コラーゲンの高い鰻5530mg、フカヒレ9920mg、サーモン皮あり2500mg、牛すじ4980mg、鳥軟骨4000mgなど、ハモ皮のみ7660mg,砂肝2330mg,しらす干し1,920mg

どこかで生活の中で補足しています。できない部分はサプリから補足しているという方も少なくないです

このような栄養素的な問題を抱えている神経根症状や不安定脊椎症をお持ちの方は、骨盤矯正メディケアーカイロ・ロクシーまで一度ご相談 下さい。

骨コラーゲン形成が高まる嗜好品はこちら

カイロプラクティックや整体を通して体を元気にさせるには、このようなコラーゲン系の食事摂取は欠かせないのです。欠かせないどころか不足している状態が続くと不調は続きやがて、不安定なまま過ごさなくては

いけないリスクを持っています。

お悩みの方はこのコースで一度受診してみて下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 痛いと言わせない最強の痛み改善とは

  2. 頭痛改善コメント4ヶ月目で消えました

  3. 産後骨盤アロマケアー

  4. 腰痛症状シリカ水素で改善例

  5. 腰痛症状に長年苦しんでいましたが

  6. 骨盤ダイエット体脂肪率−4%体重ー7.1kg1年間

アーカイブ

PAGE TOP