整体で欠かせない【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

【坐骨神経痛】

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く(1センチ以上)、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています(図1参照)。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。

sciatica,-images

実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われることが多いようです。ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、坐骨神経痛が病名となります。

ヘルニア由来の坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因

Types-of-pelvic-distortion

骨盤のねじれにより黄色の坐骨神経、太い神経は 周囲の筋肉を使い、神傾向も圧迫します。 梨状筋症候群などを見ます。

sacrum-and-sciatic-nerve
L5 (腰椎5番)やS2,3 (仙骨2番3番)から出ている黄色い線が坐骨神経です. 太いですね。

 背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで(図2参照)腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、拘縮を起こしたり栄養障害から弛緩したり坐骨神経痛を起こしてしまいます。  

 同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症する危険性があります。図2-1、2ー2、

椎間板ヘルニア図2ー2

医療機関で病名を言われている場合は、禁忌症状以外は決まった手義療法がるので比較的安心ですが

病名 が不明である場合、同じ坐骨神経が出ている場合のヘルニアは、牽引はできません。

手技検査より腰椎Lの回旋状態を見て椎椎間板の閉じてる方を開く、開いてる方を閉じてヘルニアを流すような施術をすることが効果的であり、改善策であります。かなり具体的に述べましたが、その他、栄養療法では、筋肉をつけて落ち着いてから運動療法では体幹をつける必要があります。

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄と、それに続く神経(馬尾(ばび)神経)が通っています(図3参照)。 この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。図3腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

脊柱管狭窄症所見のによる腰椎の変異

 

Spinal canal stenosis-
先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

病名がついて 安心して施術ができます。やってはいけな手技があるからです。

痛みがある時は 激しい運動ができません。 本来歩行や体幹トレーニングが有効な狭窄症ですが、この症状が出ると難しいようです。 拘縮されているなら特にヘルニアとは逆のようなストレッチングが必要。足首にかけての手技療法が効果的です。 腰椎関節5番が原因としたら、閉じる流れ。そして 狭窄している部分を 元に戻す矯正により 神経圧迫を取り除きます。 腰方形筋や患部以外の足首のストレッチ、頸椎の調整など、全身のアライメントを調整することで、免疫が上がり痛みが穏やかになります。

なぜ免疫が上がると痛みが減るのかそれは白血球が飛び出てるヘルニア及び窒素化合物を分解してくれるからです。つまり食べてくれる白血球を育てることが大事ですね。

栄養療法、食事療法、運動療法、 が有効です。

★狭窄症でも 痛みの少ないオープンエッチ側にストレッチをすることが有効です

★神経根の圧迫症状があるときの屈曲、ストレッチは良くないです。

 原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、運動などで腰に過度の負担をかける、などがあげられます。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。

 腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です(図1参照)。   

この他にも、腰椎分離症やすべり症(図5参照)、梨状筋(りじょうきん)症候群、外傷による圧迫、帯状疱疹、カリエス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。また、これらの疾患や原因がなくても、発症することがあります。

頭4-1のように滑っている。腰椎には通常の姿勢で腹圧はかからないように。

つまり内臓脂肪など体重を落とす必要性があります。 体脂肪が増加しているとこの症状はぶり返します。つまりダイエットが有効的です

ストレッチングでは仰向けでは滑り方向と逆の方向へ腰椎を動かすと効果的。

滑り症には腰丸まり体操術
滑り症に禁忌体操は反り返しです。後方に滑っているオープンエッジを閉じるという概念は変わりません。

症状的にヘルニアが多いので、引っ張りはあまり良くなく、ずれている腰椎にのみ対してソフトな矯正を必要とする難しい症状です。 骨盤がずれないような全身のアライメントを見る調整が必要。 ダイエットするのであれば、食事療法で絶対的にカルシウムやコラーゲンが必要となる症状です。体重が1キロ 痩せれば腰への負担はかなり減ります。減ったからといっても、要注意の症状ですので、アルコールや睡眠不足なども要因となります。

★当サロンでは初回診察検査をして、医師の診断書をご持参している方、レントゲン、MRI写真をお持ち頂ければ完全治癒にならない本態性疾患(糖尿病、心疾患)や腰痛の原因疾患をお持ちの方はセルフケアコース、難病コースと言うコストの安いコースを作っております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  DNA解析でわかる ボディーリポート体験

  2. 股関節の固さは整体師には気づいてほしい箇所

  3. 顎関節 と小顔整体について整体師も喜ぶ技術

  4. 骨盤ダイエット裏技

  5. 整体で欠かせない【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

  6. 腰痛は整体にどれくらい通えば良くなるの?

アーカイブ

PAGE TOP