パンプスを履いてる外反母趾は距骨下関節から整える

足首整体における治療

足関節、距骨下関節関節の解剖学を基に整体カイロプラクティックとして

適用範囲の方から説明させていただきます。

足首の歪みはどこから 原因は様々です。

ankle-chiropractic

不安定のまま走ることにより、筋肉の疲労性より捻挫を起こしたり関節の炎症を起こしたりします。

捻挫や疲労骨折は、整形外科や接骨院で治療します。

ですが、炎症所見が浅い場合、疲れから来る場合、また治療が終了近くにもにもかかわらず、体の疲れが取れないといったケースは骨の歪みから来る接合関節部分のアライメントのズレあります。

【足首の改善法】

部分的な解剖学的所見をさらに全体的に見る足首から膝から腰へのつながり方を見るわけです。

基本的な解剖学的所見として部分的に徒手矯正して全体的なアライメントを見て全身調整いたします。

経過によりハマる場合は確固たる予防法になります。

restricted-way-of-walking
Anterior-and- posterior-sliding-of-the-talus

【底屈制限の原因】
足部前方の軟部組織の柔軟性低下もひとつですが、背屈制限と同様に足には多くの関節が存在するので、それぞれの関節の連動性が低下し、運動連鎖が正しく行われないと底屈制限になります。
例えば、下腿の内旋、ショパール関節・距骨下関節の外返し、足趾の屈曲制限があると、足関節の底屈制限に繋がります。

Ankle-plantarflexion,-dorsiflexion- range-of-motion

背屈障害における回内変異は、いろんなスポーツにおいても不利な状況になります

Lisfranc-joint
Pronation/supination- danger-area
回内正常範囲で-2度から+1度まで変異する時はー5度まで変異すると言われてます

パフォーマンスが落ちることにより無理がかかり、シンスプリントの原因を生みます,

足首、膝の怪我が多くなる理由はここのアライメントにあることが見えると思います。0度から3度ずれることにより、膝の角度は内旋や外旋が大きく変わってきます。つまり股関節・骨盤まで影響が出ます。

距 骨の回内は、扁平足を生みます。 距骨矯正は動画から見てください

Vector illustration of a normal human foot and a foot with pronation or flatfoot, a deformity of the hindfoot

【距骨の背屈制限】

整体カイロプラクティックの所見から背屈制限を見る

【背屈制限】

図2より

【背屈制限の原因】

背屈の際に距骨は後方にすべる必要があるので、距骨が逆方向である前方に変位すると後方に滑りづらくなる為、背屈がしづらくなります。

距骨の後方すべりを阻害する因子は他にも長母趾屈筋腱や後方関節包の拘縮など様々な原因があります。

pronation,-supination
Posterior-slippage-of-the -alus

改善方法ー 整体カイロプラクティック療法としては、前方変異はよりはやや柔らかい感じがいたしますので、徒手矯正により前方変異矯正。膝関節矯正。骨盤矯正で内旋しないように見ていきます。最終的に 測定部のアーチが作れるように調整いたします。

扁平足を引き起こす疾患扁平足によって引き起こされる障害

Lower-limb-muscles.
Flatfoot-severity-classification

下記載 の症状の中でも、安静に見るだけでも経過が改善でき、治癒できるものもございます。
偏平足から外反母趾は1つの流れの道となっております。

外反母趾を改善することで、指の周りも少なくなりとは正しいシューズを握パンプスを少し休めるという感じでしょうか。

まず正しいアライメント作って経過観察を見るというのも処方です。そこで骨形成不全を起こし石灰化沈着がある場合は病院を受診することをお勧めいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  DNA解析でわかる ボディーリポート体験

  2. 股関節が詰まる方

  3. 顎関節 と小顔整体について

  4. 骨盤ダイエット裏技

  5. 【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

  6. 腰痛の整体にどれくらい通えばいいのか

アーカイブ

PAGE TOP