通わせないための腰痛改善策そのポイント | 骨盤矯正メディケアカイロ・ロクシー金沢

通わせないための腰痛改善策そのポイント

2019年投稿より改善しました。

前回の#1、2の要点をより絞り込み〜ました。

#1 柔らかさの体の性質は解剖学的な要素です

出来上あがるまでは、年数がかかってます。

自己管理(生活習慣)は半分あります。
身体が固くても、できるストレッチはたくさんあります

、腰痛予防に効果的なものは少ないです。しかも面倒臭い〜

しかし一生その痛みを、コントロールできるのならやりましょう!


 ここでは、体がついていけるように、まず脳と体の信号を新しい、LANケーブルを入れる感覚です、でストレッチはアプリケーションですね。バージョアップしてもLANが不良だと重いですね。

はい!ケーブルとはつまりイオン電解質になります。

カルシウム、ナトリウム、イオンが正常な身体の動きを支えます。

最近、脱水状況の人は特にご老人、若者でも頭はスッキリしているのに

身体がもつれるなど症状は完全なネラル不足の脱水症状が多いです。


この頃、雪すかしで汗を掻いて、更に部屋は暑いので水分は予想以上に奪われます。

ミネラル(カルシム製剤)は入れることによりかなり、

シャッキとします。動かない筋肉を無理矢理動かすことは腰痛を発症の要因です。

冷えを起こさない、

拘縮させない筋肉が必要ですね。

基本日本の土にはカルシウムが不足を越して、失っている、状況です。

日本人の平均1日カルシウム摂取量460mg

1日必要量は650mgで不足しています。

1日1000mgのカルシウムを入れて見てください、どれだけ体が違うのか?


点滴の中身はミネラルが主ですがカルシウムは必ず入ってます

血液中にはいるので、量は微量ですが、腸からでも必要であれば人間は吸収されます。思考や筋肉の違いを感じて見てください。脳から出る神経信号がビタミン、蛋白を運び身体が喜ぶ自分を感じて見てください。


 当院の預かるカルシウムサポートは即効性がありますのでご相談ください。


カルシウムサポート文献、オムロン
https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/15.html

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 痛いと言わせない最強の痛み改善とは

  2. 頭痛改善コメント4ヶ月目で消えました

  3. 産後骨盤アロマケアー

  4. 腰痛症状シリカ水素で改善例

  5. 腰痛症状に長年苦しんでいましたが

  6. 骨盤ダイエット体脂肪率−4%体重ー7.1kg1年間

アーカイブ

PAGE TOP