頭痛整体ができるカイロプラクティックの判別と手技

整体カイロプラクティックによる頭痛の対応

カイロプラティックによる頭痛の対応は大きく分けて2通りあります

後頭骨や頸椎1番2番が歪むと、筋肉が縮んだり伸びたりします。

頸椎や環椎1番(アトラス)にはたくさんの筋肉がぶら下がっています。

長さの違う筋肉に可動がかかると緊張します。神経圧迫の始まりです。

で頭痛の始まりです

緊張して硬くなって可動域が取れないために血流量の低下→筋肉拘縮→無理な動きや固定状態により炎症⇨ 老廃物の滞留→頭重感や痛みは頭蓋骨や頸椎や蝶骸骨によっても痛みの出る部位は違ってきます


1つは 副交感神経トラブルの改善による経過判別

2つは交感神経トラブルの改善による経過判別

1  交換神経の興奮による頭痛

1、は後頭部の後頭筋群の緊張による頭痛 →交感神経

環椎第1頸椎(アトラス)が後方にずれることにより→目の奥が疲れる、ずれてる目の方が大きくなる

2、 副交感神経の機能低下による頭痛

頭頂部→  消化器 副交感神経

側頭部位→ 副交感神経この 2つの神経分布による頭痛の痛み箇所が 分かれていること記されています

1、眼圧押してみて痛い→頭蓋骨のずれ→緊張を弛める

蝶形骨がずれる、顎関節症いわゆる一般的にですが、

眼圧がかかると歯の食い縛りが出る。

2、顎関節のずれ⇨ 後方へずれる→緊張を弛める

1、2の流れができると歯に並びにも影響は出ます。

1、2に関しては首の整体と顎股関節整体を行うと楽になります。

各部位を緩めたりアジャストすることで、頭痛の軽減になります。

頭痛が取れることは、体の交感神経と副交感神経のバランスが 良くなることです。

頭頂部位になりますと副交感神経は腸骨、仙骨の位置関係にも影響して来ますので、全身の矯正検査が必要となります。

神経の圧迫が取れれば人は自分で治す自然治癒力がほぼ90%以上発揮できますので頭痛は収ま利やすい言うのは通常です。

自覚症状あればサロンに来てご相談していただければよろしいかと思います。

症状は耳鳴り、めまい。歯軋り、顎関節症、頭痛、目の疲れ

目の大きさの違い、不眠など症状は様々です。

交感神経は頭頂部にもあり消化器系のトラブルにより頭痛も発生します腸骨の調整や仙骨の調整が必要となる時もあります。 全身の調整が必要となりますので全身コース90分がオススメになります。

症状と検査が重要ですのでお時間が必要となります。

違う他覚症状がわかる場合もございます。

体の歪み方を知っているのはカイロプラクターの必修でリスティングと言います。マッサージをむやみにするよりまず骨を整えると言うことをカイロプラクティック整体ではやっています。

激しい頭痛や生理痛には歪みの場所が決まってます。正しいリスティングで歪みの場所を限定できます。


頭痛・生理痛改善したい方はこちらからhttps://loxuei.jp/menu/chiropractic/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  DNA解析でわかる ボディーリポート体験

  2. 股関節が詰まる方

  3. 顎関節 と小顔整体について

  4. 骨盤ダイエット裏技

  5. 【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

  6. 腰痛の整体にどれくらい通えばいいのか

アーカイブ

PAGE TOP