五十肩の痛みの取り方2

痛い時は眠れません。肩こりもそうですが、

巻き肩、猫背の予防になります。

人は仰向きが基本ですね。思い出してみてください、 ぬいぐるみを抱いて寝てませんでしたか、やっぱり横向きと言うのは、巻肩や猫背を作る姿勢です。 

How-to-sleep-with- frozen-shoulders

★ 肩を浮かして寝ます。そして痛みが取れてから調整いたします。

この時痛い方を上にすると楽になります。しかし、下側の背骨が手前に歪みます。緊張している筋肉層は骨が歪みます。

右肩が痛かったはずなのに、左側がこってきた言うのはそのせいです

正面仰向けで寝ることが基本になるわけです。深い睡眠を取れるようになるまで、施術が入ります。

How-to-sleep-with- frozen-shoulders
bone-that-controls-the-hethe-shoulder

★痛い時は湿布で冷やしますが、すぐとったほうがいいです。

★痛みが取れたら温めて栄養とって寝る。これが1番です。

★痛みの炎症が取れたらすぐサロンに来てください。

★ 放置していれば、良くなるの?問題ではなく、再発を防ぐということで根本的改善をいたします。

しっかりと巻肩、猫背の原因も矯正します。関節がなめらかに動くように姿勢矯正改善していきます。

good-posture-stiff-shoulders

そして原因は第1章で言いましたが、肘にもあるわけで、そこも調整が必要になってきます。

重いものを長時間持った、

栄養状態が悪かった、

肩を冷やした、

These-symptoms-are- frozen-houlder

まず、睡眠の取り方がからですが、注意して行っていきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  DNA解析でわかる ボディーリポート体験

  2. 股関節が詰まる方

  3. 顎関節 と小顔整体について

  4. 骨盤ダイエット裏技

  5. 【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

  6. 腰痛の整体にどれくらい通えばいいのか

アーカイブ

PAGE TOP