体温の左右差は体の歪み!カイロプラクティック整体へ

体温に差があれば、あらゆる病気の根源となります

だとしたら、これは体の歪みを表します。

経験上、首肩の歪み、背骨中心部、 仙腸関節のずれ

この中心部がずれることにより温度差がかなり出ます

これをわかっていても、整えれないのが医療機関です。

これは予防医学ですから、カイロプラクティック整体と言うのは

病気未満なんです。

歪みをとってスッキリ。これは血液循環を良くする。

もし右の体温に対してその薬の効果が出たら、その体温や症状に対して影響出ますね

ではおさまってから左はどうなるのと言う問題があります

薬や医療を訪れる前に、歪みをしっかり治してから治療してもいいんではないでしょうか

なぜアメリカで予防医学と言われるのか、整体カイロプラクティック

あらゆる歪みを改善して血流を良くして、血液循環が良くなれば

病変組織が50%以上なければ、体は自然治癒力で改善する力があります。

大事な体温はどこから?

人の体を触ってみるということは、やはり体を診る基本でもあります

もし、体温の違いから体の歪みを判ってくれる、お医者様がいらしたら

きっと名医です。歪みの違いは、 医療機関では見ても治療はお薬はありませんね。

だってそれは予防ですから。

病気になって、効果があるのはお薬に頼らない為に

予防する事は大事。整体カイロプラクティックの利点として

美しい姿勢、標準の姿勢を保つということは、病気の予防は

常に健康である自分らしく若々しくあることで体のサポートいたします。

ゴッドハンドが見る骨盤の歪み

骨盤の歪み、骨盤矯正しても、よく歪みやすい方

私も以前は、筋肉の緩みなどと表現していましたが

単なる緩みだけでは無いことに気がつきました

O脚・X脚は、骨盤=膝関節の由来で歪んでいるものだと思っていませんか?

足首の位置、硬さ柔らかさにあります

この際に歪みやすい人、歪みにくいひとの差が出ています

以前より外反母趾になっている方

パンプスを履いている方だけでは無いようです

足首が回外することによって

、外側に足首が倒れる方→回外、同じ方向性です・

足首の少しの角度を保つには筋肉と関節の位置関係が必要
回内角(荷重時)6度で扁平足がMAXになります。

このような症状が出る方は、もしくはO脚、X脚

であり、膝の屈伸・屈曲に負担がかかるため、

膝をかばうために股関節も硬くなる。

通常の人より骨盤が歪みやすい状態になる。

最近では、インナーソールでよく調整する人もいますが、

そこまでの必要のない方。

10分、足首の筋力を鍛えるトレーニング、ストレッチで、足首は

ケアできるリセットできる

足首の回内運動をケアすることで、骨盤の歪みや取れ

そして全身の姿勢は改善して、体のバランス血流が改善できる

足首とても重要です。

最初は枕など軽いものから始まり、挟み上げて徐々に重たくしていく。最終的に力がつけばバスケットボールなど重たいものでオッケー。 くるぶしや膝に対して内転する内転筋をつける。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  DNA解析でわかる ボディーリポート体験

  2. 股関節の固さは整体師には気づいてほしい箇所

  3. 顎関節 と小顔整体について整体師も喜ぶ技術

  4. 骨盤ダイエット裏技

  5. 整体で欠かせない【腰痛に効く坐骨神経ストレッチ】

  6. 腰痛は整体にどれくらい通えば良くなるの?

アーカイブ

PAGE TOP